借金をどうにかしたい!

お金

自動販売機などで、飲み物を買うときに、お金を入れて、欲しい商品のボタンを押せば、飲み物が出てきますね。またコンビニやスーパーでも、商品が欲しいときはお金を払って、買います。しかし、ジュースなどのような安い物なら、気軽に買えますが、車や家のように金額が大きくなると、即金で出せる人はほとんどいなくなります。恐らくローンを組むか,現金化サービスなどを利用して頭金などを揃えるでしょう。

そんな時、人はローンという形で借金をします。借金をしている人で過払い請求をする方がいます。しっかりと自分の借金を把握していない時にそうなるようです。

借金とは

払えない商品(家や車など)を買うときに、ローンという形で返済を待ってもらうことや、人から何らかの事情でお金を借りることなどを借金といいます。人間の誰しもが、ほとんどの場合、一度は借金をします。それは、車であったり、家であったり、手持ちがなくて、カードを使えばそれも借金です。ほとんどの場合、借金をしたら、返済を待ってもらう代わりに、借りた分以上のお金を払うことになります。

買い物をするとき、あれもこれもと買い漁っても、カードを使えばお金を払う必要はなくなります。しかし、これは、あなたの貯金でも財布でもなく、人のお金で買い物をしただけで、マイナスになっているのです。お金を使ったという実感できないから、いつの間にかどんどん膨らんで、200万、300万となっていき、最終的に払えない金額になるなんてことは、誰にも起こりえることなのです。

また、そうならないように、別の所からお金を借りて、お金を返し、返済期日がやってくるとまた借りてお金を返すことを繰り返して、雪だるま式に謝金が増えるというのも、典型的な自転車操業といえるでしょう。自転車は走り続けていないと倒れてしまいます。返済と借り入れを延々と繰り返して操業する様を、自転車操業と言います。

自分はこんな風にならないと思っている人もいるかもしれません。しかし、多重債務者のほとんども、自分が多重債務に陥るなんて思っていないのです。普通の生活ができている人と、多重債務に苦しんでいる人の分かれ道は、どこにあるのかわかりづらい物です。多重債務の分かれ道を分かれ道を選んでしまった人は、お金の返済ができないため、夜逃げ、あるいは自殺や強盗、または殺人などに走ってしまうケースも少なくありません。

他にも、借金のために人間関係を壊してしまう人や、ノイローゼになってしまう人もいるようです。こういった事が多いので、借金を題材にした、芝居やドラマは昔から、数多く存在していることがその証拠だとも言えるでしょう。

CMでもありますね。ご利用、ご返済は計画的にとか、マネーにもマナーをとか。つまり、お金を借りるのは悪いことではないのですが、「返済は計画的」にということです。

Valuable information

豊胸手術 神戸
京都で結婚写真を撮影
サッカーユニフォームのオーダーを検討する

Last update:2018/12/25